【初心者向け】Githubの使い方【覚えるのは3つだけ】

GitHub プログラミング

こんちには、はるです。

備忘録として、Githubの使い方を載せておきます。
Githubは複雑で避けてましたが、就活で利用しなきゃいけない状況になり、使い方を学びました。

複雑で英語ですし避けがちですが、最低限動作させるのであれば3つだけ覚えておけばOKです。
細かな説明は他記事にお任せして、大まかな流れだけ解説していきます。

私の環境

  • パソコン:Mac
  • コマンドラインツール:iTerm2

記事の内容

【初心者向け】Githubの使い方

GitHub使う上で、最低限覚えることは以下の3つだけです。

  1. 初期設定
  2. Gitコマンドを打つ
  3. 確認する

難しそうなGitHubも、シンプル化すればできそうじゃないですか??
シンプル化ってすごい!

1.初期設定

初期設定の段階でやることは2つ。

  1. GitHubに登録、gitのインストール
  2. GitHubに箱を作ってパソコン上に持ってくる

最速で大まかな流れを解説したいので、1番は省略します。
調べればわかりやすい記事がたくさんあるはず...!

次、2番について解説します。

GitHubに箱を作ってパソコン上に持ってくる

厳密には、箱ではなく「リポジトリ」と言います。今は「ふ〜ん、そうか」でOK。

GitHubはソースコードを管理できて世に共有できるサービスです。そのため、初めに管理するための箱を作ります。

※リポジトリについては、以下の記事が分かりやすかったです。
目指せ!脱初心者 Gitの基本を図解で解説
履歴を管理するリポジトリ

次に、箱にソースコードを入れていきたいので、パソコン上にコピーしましょう。これを「クローン(clone)」と言います。
クローンするとフォルダーに「.git」というフォルダーが作成されます。この中に、過去の履歴が保存されていきます。

ちなみに、誰かのソースコードを自分のGitHubアカウントにコピーすることを「フォーク(Fork)」と言います。今は「ふ〜ん、そうか」でOK。

最後に、ユーザーをセットして、誰が操作したかを分かるようにします。

これで初期設定は終わり。
「リポジトリ作成、クローン、ユーザーセット」の詳しい解説は、以下の記事をどうぞ。
(記事作成中)

2.Gitコマンドを打つ

GitHubに作った箱へプログラムを反映させるための手順は4つ。

  1. branchを作る
  2. add、commitする
  3. pullする
  4. pushする

正直、branchとpullをしなくてもGitHubでソースコードを管理ことはできますが、チーム開発において必要な知識なので、あえて紹介しました。

branchについて簡単に解説すると、メインで動いているプログラムを分岐させて、ソースコードを別で管理することです。

「GitHubに反映させるためのGitコマンド」の詳しい解説は、以下の記事をどうぞ。
(記事作成中)

GitHubにソースコードをアップロードできたら、後はGitHub上で確認するだけです!

3.確認する

branchを作成して、メインではないbranchからGitHubにアップロードすると、メインのbranchに確認リクエストを送信します。その確認をこの段階で行います。

「pushしたソースコードをGitHubで確認」の詳しい解説は、以下の記事をどうぞ。
(記事作成中)

まとめ

最終的にやることは、以下の通り。

  1. 初期設定
    1. GitHubに登録、gitのインストール
    2. リポジトリを作る
    3. クローンする
    4. ユーザーセット
  2. Gitコマンドを打つ
    1. branchを作る
    2. add、commitする
    3. pullするfetch
    4. pushする
  3. 確認する
    1. githubのリポページを確認する
    2. pull requestする
    3. main branchを更新する

お疲れ様でした!