Site Kit by Googleプラグインのエラー エックスサーバーの対処方法

ブログ運営 プラグイン

こんにちは すしりんぐです

今回はTwitterでこんなツイートを見つけました

出たーーー!!WordPressにGoogle公式プラグイン登場
アナリティクス系データをWPダッシュボードで見れるようになるのは便利だね。」
#30DAYSトライアル でお馴染みのショーへーさんより

確かに!

いちいちGoogle Analytics やGoogle AdSence を見に行かなくても WordPress のダッシュボードでまとめて見れるのなら便利ですよね

そこでプラグインをインストールして、有効化させようとして、(START SETUPボタン)

青いボタンの Sign in with Google を押したらこんなエラーが出てきました

An error occurred: We are unable to send credentials to your WordPress site. This is likely due to your hosting provider blocking incoming REST API requests. Please check with them if that is the case.

(エラー時の写真は撮り忘れました)

対処法がわかったので解説していきます

こんな人に読んでもらいたい

  • エックスサーバーを使っている
  • プラグインのインストール後、Sign in with Googleを押したらエラーが出た

REST API 制限によるエラー

プラグインをインストールした後、Googleアカウントにログインする必要があります

その時に通信が拒否されていて、エラーが起きています

なので通信を一度許可する必要があるのです

REST API 制限 をOFFにする

エックスサーバーのログイン

まずはエックスサーバーを開いてログインします

エックスサーバートップページ

ご契約一覧を見る

サーバーという見出しのサーバー管理をクリックします

インフォパネル画面

WordPress の設定を見る

別タブに飛んだ後、 WordPress セキュリティ設定をクリック

サーバー管理画面

ドメイン

Site Kit by Googleプラグイン を使いたいドメインを選択します

私は sushiring.com を使っているのでこれを選択しました

WordPress セキュリティ設定 画面

REST API アクセス制限

REST API アクセス制限が on になっているので、off に変えましょう

ドメイン選択後の画面

最後に戻るを押して完了です

戻って再度有効化してみる

REST API アクセス制限 をoff にできたら、もう一度 Sign in with Google を押してみてください

きっと通信が許可されて、今度は allow というボタンが出てくるのでクリック

何回か承認を聞かれるので、承認をし続けると、無事プラグインが使えるようになります

WordPress 管理画面で確認

WordPress 管理画面に戻って、Site Kit by Google を使ってみましょう

しかしダッシュボード時では Search Console のみしか許可されていないので、他の AdSence , Analytics , Page Speed Insights の3つを 各Connect Serviceを押して、Search Console と同じように承認しましょう

そうするとすべてのサービスを利用することができるようになります

REST API 制限 on に戻しておく

セキュリティ上よくないらしいので、エックスサーバーの設定からREST API 制限 をon に戻しておきます

WordPressセキュリティ設定画面

まとめ

まとめ

以上です お疲れさまでした

手順をおさらいしましょう

エラーが出る→REST API 制限をoff にする→エックスサーバーにログイン→サーバー管理→ WordPressセキュリティ設定→ドメイン選択→REST API 制限をoff → Sign in with Google 押す→allow 押す→数回承認→その他3つも承認→ REST API 制限をon に戻す

楽しいブログライフをすごしましょう!

それでは(。・ω・)ノ゙

ぜひ拡散お願いします!
  • hatebu
  • Pocket
  • LINE
  • コピー