2019年買って良かった本5選

ビジネス 実用書 読書

悩む人

2019年終わってしまうけど、読んでおいたほうがいい本ってあるかな?

こんな悩みを解決します。

結論から言うと、私が読んで世界の見え方が変わった本は、

  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • LIFE SHIFT
  • 自分を操る超集中力
  • AI vs 教科書が読めない子供たち
  • 手ぶらで生きる

の5冊です。

詳しく解説していきます。
 
 
Amazonのオールタイムベスト ビジネス書100を見る

買って良かった本① 金持ち父さん貧乏父さん

「金持ち父さん貧乏父さん」を読むと、お金の常識が覆されます。

私は、たくさん働けばお金持ちになると思っていましたし、自分の時給を上げてお金をガンガン稼ぐつもりでいました。

ですが、お金持ちの考え方は違います。

お金のために働くのではなく、お金に働いてもらうことが本当のお金持ちなんだということ。

資産と負債の違いを知ったことで、それまで興味のあった車に魅力を感じなくなりました。

また、政府に税金を取られてしまうのを防ぐために会社を作ったり、自分のビジネスを作ったりする大切さを学べます。

実はこの本との出会いで、私はブログを始めました。

プロフィールでも「金持ち父さん貧乏父さん」は出てくるほど、大きな出来事でした。

人生を大きく変えたいなら読んでおいて間違いなし。

ロバート キヨサキ (著)

 

買って良かった本② LIFE SHIFT

「LIFE SHIFT」からは、将来の選択肢の広さを学びました。

私は、親と同じように企業に勤めて、定年退職まで働くものだと思っていました。

平均年齢が約80歳で、定年退職が大体65歳。

ですが、今は100年生きる時代と言われています。

では、100歳まで生きるなら、80歳まで働き続けますか?

今まで通り65歳で定年となると、貯金のことを考えなければなりません。

また、ここ数十年で、ガラケーからスマートフォンになったり、GAFAと呼ばれるグーグル(Google)、アップル(Apple)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)のサービスが広がったりと時代は変化してきました。

つまり、100年時代では、学生の時に学んだ知識が通用しなくなる可能性があります。

なので、いきなり企業に就職するのではなく、旅をしてみたり起業してみたりと視野を広げることや、就職してもいずれは再び勉強しなければいけないことなど、

人生100年時代になったからこそ、考えなければならないことに気づかされる1冊

になりました。

【学校卒業 = 就職】と思っている人は損です。

今すぐLIFE SHIFT を読んで視野を広げましょう。

リンダ グラットン (著), アンドリュー スコット (著), 池村 千秋 (翻訳)

 

買って良かった本③ 自分を操る超集中力

「自分を操る超集中力」は、元々2018年の受験の時に買ったものですが、積読状態でした笑。

大学受験に全落ちして専門学校入ったときに、「せめて集中力はつけよう」と思って読みました。

衝撃だったのが、

食事で集中力が変わるということです。

  • 血糖値を乱高下させないこと
  • コーヒー + 短い仮眠

今まで血糖値は気にしていませんでした。

低G食品(血糖値の上昇が緩やかな食べ物)を意識して食べるようになりましたし、昼休みにパワーナップをいう短い仮眠をとるようになりました。

パワーナップをすると、午後の眠気がなくなります。

今までは午後の授業で寝てしまうこともありましたが、おかげで午後も頭が働くようになりました。

メンタリストDaiGOさんの本なので、集中力に興味があるなら変な怪しい本を買うよりも安心です。


 

買って良かった本④ AI vs 教科書が読めない子供たち

「AI vs 教科書が読めない子供たち」を読むまで、AIはやばいなとおもっていました。

ほんとに人間を超えると思っていましたし、自分は読解力に自信がなかったので、AIが強くなってきたらどう生きていけばいいかわかりませんでした。

ほとんどの人が言っているAIは「AI技術」であり、AI (artificial intelligence 知能を持ったコンピューター)ではない。

これは本の冒頭に書いてあって、こんなことは全く知らずにAIと呼んでいました。

「知能を持ったコンピューター」は今現在いません。

そもそも脳がどういった原理で動いているのかがわからない限り、AIは無理だと書かれていました。

しかし、AI技術は発達しているので、ホワイトカラーと呼ばれる事務系の仕事はなくなると予想されています。

ではどうすればいいのか?と、とても考えさせられる内容でした。

AIに仕事を取られると思ってびくびくしているなら読むべきです。

数学者の新井紀子さんの考える本当のAIを知ることができます。

また、新井さんは東大合格を目指すAI「東ロボくん」の開発に携わっているので、信頼できる1冊です。


 

買って良かった本⑤ 手ぶらで生きる

「手ぶらで生きる」からは、ものをを持たない身軽さを知ることができました。

昔からケチで、「もったいない」といって、何でもかんでも捨てずにとっといていました。

ですが、思い切って捨ててみたら部屋の中はきれいになるし、スッキリします。

衝撃だったのが、しぶさんが月7万で生活していることです。

一人暮らしとなると、家賃だけで7万ぐらいはかかると思っていて、7万でも生きていけるんだなぁと人生が楽に感じました。

最悪、単発バイト日給1万を7回で生きていけるというわけです。

ものを持たないことで余計なお金がかからないし、お金がかからないから人生が楽になる。

余計な見栄やものを捨てれば、お金に追われることなく生きていけますね。

新しい生き方を知りたいなら読んで損しません。

ミニマリスト しぶ (著)

 

本を読もう

まとめ

私が読んで世界の見え方が変わった本を紹介しました。

本は自分の知らない世界を教えてくれます。

この1年で世界が変わりました。

ブログを始めたり、プログラミングを勉強してみたりと、自分の力で稼ごうと挑戦した1年でした。

全く稼げていませんが、何も挑戦しないで失敗していないほうがよくないと思うので、行動できただけよかったです。

2019年、ありがとうございました。

またこちらの記事では本の読み方を公開していますので、ご活用ください。

紙の本の読み方 線を引くべきなのか

他の本についての記事も下記にまとめていますので、ご覧ください。

>>>読書の記事一覧へ

少しでも参考になれば幸いです。

ぜひ拡散お願いします!
  • hatebu
  • Pocket
  • LINE
  • コピー