【ビジネス書】紙の本の読み方 線を引くべきなのか

読書

悩む人

本を読むとき、線を引いたほうがいいの?

 

そんな悩みを解決していきます。

 

結論、本を折りましょう。

なぜなら時間を効率よく使えるからです。

詳しく解説していきます。
 

本記事を読むと、本の読み方がわかるようになります。

記事の内容

  • 何のために本を読むのか
  • 折るという抵抗をなくしていく
  • まとめ

 

何のために本を読むのか

あなたが本を読む理由を教えてください。

人によって理由は変わってきますが、おそらく知識を得たいからではありませんか?

勉強するために本を読んでいるあなたこそ本を折ってもらいたいです。

マーカーを引いたり付箋を貼ったりして、本をデザインしたところで自己満足になってしまい、最終的に知識を得ることができなくなってしまいます。

脳が読んだ気になってしまうんですね。

これでは読んだ時間がとてももったいないです。

折るという抵抗をなくしていく

私もすごく「折る」という行為に抵抗がありました。

そもそもきれいに本を使いたい人なので、マーカーすら引いていませんでした。

だた流し読みしていて、ちゃんと読んだのに何も思い出せないという状況で、危機感を感じました。

知識を得るには一回読んだだけでは覚えられなくて、忘れたら何回も反復しないといけません。

だからこそ重要な部分を折って、読み直し、反復して覚えていくです。

マーカーではどこに線を引いたか見つけにくいですし、付箋ははがれてしまう可能性があります。

折ればわかりやすいですし、折り目が付くので場所が分からなくなることはありません。

デメリットは、売るときに値が下がるぐらいですかね。

デメリットよりも圧倒的にメリットが大きいと思うので、ぜひ勇気を出して本を折ってみてください。

まとめ

まとめ

最後に復習をしましょう。

  • 何のために本を読むのかを考えよう
  • 知識を得たいなら、折るという抵抗をなくしていく。そして何度も読み直して知識を得ていく

また、他の本についての記事も下記でまとめていますので、ご覧ください。

>>>読書の記事一覧へ

少しでも参考になれば幸いです。

  • hatebu
  • Pocket
  • LINE
  • コピー