大学全落ちして専門学校に行った結果【人生終了ではない】

LIFE 専門学校

こんにちは、はるです。

悩む人

大学全落ちした人「大学全落ちしてしまった。Fラン大学には行きたくないし、かといって専門学校もどうなの?
全落ちして、専門学校行った人の話を聞きたい。」

そんな悩みを解決していきます。

結論、専門学校は悪い環境ではないです。

大学全落ちした私が、情報系専門学校に行った結果を報告していきます。

記事の内容

  • 大学全落ちして専門学校に行った結果
  • 1年行ってみて感じたこと
  • 生活していて感じたこと

記事の信頼性

私は大学受験に全て落ちて、4年制の情報系専門学校に通っています。
現在、3年生です。

記事の内容

大学全落ちして専門学校に行った結果

大学に落ちて専門学校に行った結果

私が専門学校に行ってどうなったかというと、

  • 資格が取れた
  • 割と勉強できた
  • 稼ぐ行動ができた
  • 読書するようになった

以上の4点、成長できました。

資格が取れた

基本情報技術者試験 という国家資格を取れました。
これはっきり言って、大学に入っていたら取れなかったのではないかなと思います。

午前免除試験(7/28)と、午後の本試験(10/20)に合格することで資格を取れます。

午前免除試験は特別で、本来は午前午後あわせた本試験を受けるのが一般的です。
資格対策がある専門学校は助かります。

私の場合専門学校入ると、午前免除対策の授業がゴールデンウィーク明け(5/8)からありました。

さらに、午後試験の対策のため、夏休みは1週間(8/8~8/15)しかなかったです。

他にも、

  • ITパスポート試験
  • MOS(エクセル 2016)

に合格しました。(ほぼ強制でした)

割と勉強できた

主に資格勉強のために勉強しましたが、割と頑張りました。

  • 電車の中で参考書を読む
  • バイトがない日は、土日も普通に勉強

以上の2点ですね。

特に午後試験の直前(10月)は、バイトを休み、カフェで勉強してました。

得意な科目は、カフェに行くとはかどります(実体験済み)

稼ぐ行動ができた

実は私が情報系に行った理由は、プログラミングで稼げると知ったからです。

自分の力で稼ぎたかったので、そのあと起こした行動がこちら。

  1. 専門学校に入学が決まる前に、Pythonを独学し始める
  2. 挫折したのでブログを始めるが、数日で挫折
  3. 専門学校入ってHTML・CSSを習うと、面白すぎてHTML・CSSの予習する
  4. 途中、資格勉強にシフトして、10月の終わり頃からまたHTML・CSSを独学で勉強し、結局挫折

普通に雑魚ですが、「稼ぎたい」と思っていなければここまで行動できず、ずっとゲームしていたはず。

「専門学校入ってHTML・CSSを習う」ことが大きかったです。
大学は教養科目も勉強しなきゃなので、独学する余裕がないだろうなと思ってます。

プログラミングとは【わかりやすく簡単に解説】

読書するようになった

読書をするようになったきっかけは、資格勉強の参考書を読む習慣ができたことです。

最初はメンタリストDaiGoさんの自分を操る超集中力といった実用書を読んでいましたが、次第にLIFE SHIFT(ライフ・シフト)のような視野が広がる本も読むようになりました。

今でも読書の習慣は継続中で、月に1、2冊は読んでいます。
大学生が読むべき本3選【10まんボルト級の衝撃を受けた本です】
【1ヶ月無料体験】Kindle Unlimitedのデメリット【私は解約した】

※忙しくて読む時間がない人は、「聴く読書」もあります。
Audibleを使ってみた感想【いい意味で〇〇される】

1年行ってみて感じたこと

1年行ってみて感じたこと

1年行ってみて感じたことは、以下の3つです。

  • 意外と忙しくない
  • 勉強してる人と、してない人の差がある
  • 同じように受験失敗にしている人がいた

順に解説します。

意外と忙しくない

大学に全落ちしたら専門学校に行くべきなのか 【違う道もあります】の別の記事でも書きましたが、意外と忙しくなかったです。

ですが、これは私が4年制だからかもしれないです。
実際2年制の人は忙しいような気がします。

もちろん10月の資格試験までは大変でしたが、その後の授業はプログラミングや選択授業になって、ゆっくりと授業が進んでいきました。

勉強してる人と、してない人の差がある

これはその通りで、

  • 向上心があって自分からどんどん勉強している人 → サークルや独学で勉強している
  • ほぼゲームしている人 → プログラミングにおいては成長できない

2極化ではなく中間の人が多数ですが、差はあります。

ひどいですが言い換えると、自分から勉強する人(自発的)と、学校の先生から勉強をさせられている人(受け身)ですかね。

とはいえ、私もゲーム大好きなのでゲーマーを否定しません。
超ゲーマーなら、YouTubeとかでゲーム実況してみるのもありですよね。

ソシャゲをやめる方法【ソシャゲ歴7年の私でもやめられた】

同じように受験失敗にしている人がいた

びっくりなのが、私と同じように大学落ちて専門学校に来た人がいました。

数が少ないので参考になるかわかりませんが、割合は以下の通りです。

  • 最初から専門学校 → 2人
  • 大学落ちて専門学校 → 3人(自分含める)
  • 1浪して専門学校 → 2人

「大学落ちて専門学校」「1浪して専門学校」という人もいるんだ、と気づきました。

この割合はおかしいですが、「最初から専門学校」が大半だと思います。

生活していて感じたこと

生活していて感じたこと

最後に、生活していて感じたことは以下の3つです。

  • 「専門学校なんです」と言う必要がある
  • 「4年制に行ってます」と言う必要がある
  • 【重要】情報系(IT業界)を選んで正解だった

少しだけ解説して終わりにします。

「専門学校なんです」と言う必要がある

年齢を聞かれて、「19です」、と答えると決まって大学生?と聞いてきます。

まぁ、世間的に大学生が普通なので仕方がないですが、、、

「4年制に行ってます」と言う必要がある

こちらも同じような感じで、専門学校 = 2年 というイメージがありますよね。

私の学科は4年なので、「4年制に行ってます」と言う必要がありました。

【重要】情報系(IT業界)を選んで正解だった

今はIT業界めちゃくちゃ伸びていますよね。
最近だと、「5G」「AI技術」「IoT」など。

具体例を挙げると、

  • 4Gから5Gになった → 自動車の自動運転化が進む
  • お掃除ロボット → 部屋の環境を学習し記憶することが可能
  • スマートロック → スマホを近づけるだけで玄関の鍵を開け閉めできる

他にもたくさんの具体例がありますが、ここ数年で急成長しています。

事実、ガラケーからスマホに進化しましたよね。
今後も発展していくと思っていて、時代の流れに乗ることができたのは大きかったです。

大学全落ちして専門学校でも人生終了ではない

まとめ

一定数の方が「大学落ちて専門とか、、、人生終わった」と思うかもしれません。

ですが、逆転の発想が大事です。
私は大学に落ちていなければ、今頃ダラダラと大学生活を過ごしていたと思います。

受験に失敗したからこそ、ブログ書いたり、プログラミングや英語を勉強したりできています。

なので、大学落ちて専門学校に行っても、別に人生は終了ではありません。
人生は行動次第で変えることができます。

人生100年時代です。焦らず、長い道のりを楽しみましょう。

ご覧いただきありがとうございました(*_ _)

関連記事

大学に全落ちしたら専門学校に行くべきなのか 【違う道もあります】
「大学落ちたら専門学校」 は間に合うのか?【結論: 間に合います】
【専門学生が解説】専門学校のメリット・デメリット