沈黙のwebライティングを要約【重要ポイント3つ】

読書

悩み顔1

ブロガー 沈黙のwebライティングを読む前にどんな本か知りたい。とりあえず重要なポイントだけ教えて。

こんな悩みを解決していきます。

私のブログ歴は2年ほどで、総収益は本を1冊買えるぐらいまで成長しました。

そんな私が今回、松尾 茂起さんの「沈黙のwebライティング」を解説していきます。

ブロガーにとって大事だと思う、重要ポイントを3つ厳選したので、ぜひご覧ください。

記事の内容

沈黙のwebライティングを要約【重要ポイント3つ】

  • ターゲットが何を求めているかを考える
  • タイトルに重要な10パターン
  • 脳は2つの思考がある

ターゲットが何を求めているかを考える

ブロガーなら誰しも1度、日記のような読まれない記事を書いたことはありませんか。

ダラダラと無益な記事を書いても読まれませんし、検索もされませんよね。

SEOに強いコンテンツを作るために、「ターゲットが何を求めているかを徹底的に考える」と本書に書かれています。
考え方を引用します。

1.そのコンテンツを届けたいターゲットは誰か?を考える
2、そのターゲットとなるユーザーは、何のキーワードで、どんな意図をもって検索するか?を考える
3、そして、その意図で検索するユーザは、どんなコンテンツを求めているのか?を考える
4、そのコンテンツと、自分たちが作ろうとしているコンテンツにずれはないか?をあらためて考える

文章を書く上で、上記の4つは大事なので覚えておきましょう。

タイトルに重要な10パターン

タイトルは検索画面のクリック率を左右するので、地味に重要です。

本書では以下の内容が書かれています。

  • パターン
  • 内容
  • タイトル例

今回は、パターンのみ紹介します。

1、自分事化
2、「自分の周り事」化
3、意外性
4、数字の魔力
5、網羅性
6、即効性
7、代弁
8、結果
9、注意喚起
10、行動提案

上記10個のパターンを活用して、よりクリックされるタイトルを作っちゃいましょう。

脳は2つの思考がある

本書で紹介されていた「ファスト&スロー」という書籍では、「人間の脳には2つの思考がある」と述べられているそうです。

その思考の引用は、以下の通り。

システム1 脳への負担を減らすために自動的に高速で動く思考。物事を直感的に理解しようとする思考。

システム2 複雑な計算など、注意力を要する作業が必要な際に、慎重かつゆっくりと動く思考。物事を論理的に理解しようとする思考。

読まれない文章

  • 読みやすいけど、論理破綻している。
  • システム1 → ○ システム2 → ×
  • 論理的に理解しやすいけど、読みにくい。
  • システム2 → ○ システム1 → ×

読まれるためには、「システム1」と「システム2」の両方に気を付けて文章を書いていく必要があります。

本書ではシステム1を配慮した11個のポイントがありますが、その中の「漢字とひらがなの含有率を調節する」を少し紹介します。

無意識に漢字にしてしまう言葉があるので、チェックしておきましょう。

漢字を開く

  • あらかじめ
  • あらためて
  • いう
  • いただく
  • いったん
  • ぜひ
  • いまさら
  • うれしい
  • できる
  • 子供たち
  • 午後3時ごろまで
  • うわさ
  • もとに
  • めったに

ひらがなをカタカナに

  • オススメ
  • カンタン
  • キツイ

 
以上となります。

今の時代はSNSも大事なので、SEOばかりに力を入れ過ぎないようにしないとですね。

私もTwitterをやっていますので、同じブロガー仲間でしたら一緒に頑張りましょう(/・ω・)/
はる@専門学生ブロガー

関連