20歳の自分に受けさせたい文章講義を要約【ポイント3つ】

読書


こんにちは、はるです。

悩み顔1

ブロガー 20歳の自分に受けさせたい文章講義はたくさんのブロガーがオススメしてるけど、買うべきなのかな。とりあえず、重要なポイントを教えてほしい。

こんな悩みを解決していきます。

私のブログ歴は2年ほど。
読書も2年ほど継続しています。

そんな私が今回、古賀 史健さんの「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を解説していきます。

ブロガーにとって大事な重要ポイントを、3つ厳選したのでぜひご覧ください。

記事の内容

20歳の自分に受けさせたい文章講義を要約【ポイント3つ】

以下の3つが大事だと思いました。

  • マトリョーシカ
  • あらゆる文章の先にはそれを読む読者がいる
  • 読者と一緒に「寄り道」をしよう

マトリョーシカ

論理的な文章は3層になっている、と書かれています。

  • 大マトリョーシカ:主張・・・その文章を通じて訴えたい主張
  • 中マトリョーシカ:理由・・・主張を訴える理由
  • 小マトリョーシカ:事実・・・理由を補強する客観的事実

基礎中の基礎ですが、どれか1つでも抜けてはいけないので、あらためて気を付けようと思いました。

本書では以下のようにまとめています。

中身のスカスカな主張ではなく、フタを開けるとしっかりとした理由があり、理由を支える事実がある。この3層構造が守られているのが、論理的文章なのだ。

あらゆる文章の先にはそれを読む読者がいる

メール、ブログ、日記など、あらゆる文章の先にはそれを読む読者がいます。

  • メール:受信者
  • ブログ:不特定多数
  • 日記:自分

「相手の立場になって考える」というのはよく聞きますが、本書では少し違っていました。

必要なのは、隣に立つことではなく、読者と同じ椅子に「座ること」である。

どんな読者の椅子に、書き手は座ることができるのか?

本書では、以下の2人だと書かれています。

  • 10年前の自分
  • 特定の"あの人"

ここからわかることは、「たった1人に向けて書く」ことです。

私はつい意識がそれて、誰に向けて書いているのか分からなくなる時があります、、、

あなたは大丈夫ですか?

読者と一緒に「寄り道」をしよう

自分の記事を読み直していると、強引に説得された感じがすることがあります。

こんな状況を本書では以下のように解説しています。

文章が自己完結してしまっていて、読者自身が議論にをのテーブルに参加できないからだ。「正しいだけ」の文章は、その正しさゆえに伝わらないのである。

解決方法

「反論を使って無駄な回り道を歩く」これで解決できます。

本書に書かれている文章構造を2つ紹介します。

  1. 主張
  2. 反論
  3. 再反論
  4. 結論
  1. 主張
  2. 理由
  3. 反論
  4. 再反論
  5. 事実
  6. 結論

   
以上です。