セールスライティング・ハンドブックを要約【今すぐ使えるポイント4つ厳選】

読書

こんにちは、はるです。

悩み顔2

ブロガー:セールスライティング・ハンドブックを買おうか迷う。役に立ちそうなら買うからどんな内容か知りたい。

こんな悩みを解決していきます。

私のブログ歴は2年ほどで、総収益は本を3冊買えるぐらいまで成長しました。

そんな私が今回、ロバート・W・ブライさんの「セールスライティング・ハンドブック」を解説していきます。

ブロガーにとって、重要ポイントを4つ厳選したので、ぜひご覧ください。

追記:増補改訂版が出ました。

※本記事は、古い方の解説になります。
アイキャッチ画像は新しい方の画像です。すみません、ややこしいですね。

記事の内容

セールスライティング・ハンドブックを要約【ポイント4つ厳選】

私が大事だと思ったのは以下の4つです。

  • 「アイディア帳」に収めておくべき38の見出し例
  • 機能ではなく、ベネフィット(利点)を書く
  • 「錯覚ロジック」を使って、事実を裏付けに使う
  • 「コピー動機づけ」のチェックリスト22項目

「アイディア帳」に収めておくべき38の見出し例

38個も載せられないので、5つだけ紹介します。

ブログのタイトルに使えそうなのに、使っている人が少ないので差別化できますね。

  • 推奨する
  • →「今すぐ購入すべき五つのハイテク株」
  • 読み手の好奇心をかき立てる
  • →「今買うべきインターネット株―ヒント:あなたが想像しているようなものではありません!」
  • 読み手の不安に触れる
  • →「大半の中小企業が失敗する理由―とその解決策」
  • 読み手の目標達成を支援する
  • →「30日で画期的なマーケティングプランが作成できます―しかも無料!」
  • 一見矛盾する宣言または約束をする
  • →「家の中のどの部屋でも瞬間冷却―しかもエアコンなしで!」

売れるコピーの書き方

レビュー記事を書くときに、機能だけを書いていませんか?
機能ではなく、ベネフィット(利点)を書こう、とおっしゃっています。

新人ライターは、事実、数字、統計など手近にある機能ばかり書き連ねようとする。これに対してベテランのセールスライターは、なぜ読み手はその商品を買うべきか、機能を顧客のベネフィットに置き換えてセールスコピーを書く。

製品のベネフィットを細かく調べる簡単な方法

本書に書かれている、ベネフィットの調べ方を簡単に紹介します。

  1. 紙を二つの欄に分ける
  2. 左の欄に「機能」、右の欄に「ベネフィット」と書く
  3. 機能をすべて書きだす
  4. ベネフィットをすべて書きだす
  5. ベネフィットをセールスコピーに盛り込む

「錯覚ロジック」を使って、事実を裏付けに使う

正直、この「錯覚ロジック」が一番衝撃でした。

本書では例が4つ書かれていました。
その中の2つだけ紹介します。

1000人に1人も食べたことない味

未知の味。珍しい味で食べてみたくなるコピー。

しかし、よく考えると不人気すぎて誰も食べてないだけかもしれない、、、

ニュースレター購読料99ドルと、ニュースレター本人によるコンサル200ドルを比較

購読すれば、200ドル相当のサービスを受けられるような印象を与える。

しかし、コンサルとニュースレターは全く同じサービスではない。

弱点を隠してしまう特徴がありますね。
悪用厳禁です笑

「コピー動機づけ」のチェックリスト22項目

本書には、「コピー動機づけ」のチェックリストが22項目書かれていますが、ここでは紹介しません。

売れるコピーを書くには、顧客とその購買動機を理解する必要があると書かれています。

「なぜ自分はこの商品を買ったのか」を日々考えておくと、購買動機を理解しやすくなりそうですね。

人がモノを購入する動機がわかったら、売り方がわかり、そしてコピーの書き方がわかる。あとはただ 、書くことを整理してうまく編集し、シンプルなテクニックをほんの少し加えるだけだ。

   

セールスライティングを身に付けて収益をあげよう

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

最後に、増補改訂版の方の目次を紹介して終わります。

  • コピーライティングとは
  • パッと目を引くヘッドラインと件名
  • 伝えるためのライティング技術
  • 売れるための文章
  • 下準備する
  • 印刷広告を作るには
  • ダイレクトメールを作成するには
  • パンフレット、カタログなど販促資料を作るには
  • プレリリースを作成するには
  • テレビとラジオのCMを作るには
  • ウェブサイト用のコピーを書くには/li>
  • ランディングページを作るには
  • Eメールマーケティングを実施するには
  • オンライン広告を作成するには
  • ソーシャルメディア用のコピーを書くには
  • 動画を作成するには
  • コンテンツマーケティングを施策するには

 

※忙しくて読む時間がない方へ、「聴く読書」もありますよ。
Audibleを使ってみた感想【いい意味で〇〇される】

関連

【1ヶ月無料体験】Kindle Unlimitedのデメリット【私は解約した】
大学生が読むべき本3選【10まんボルト級の衝撃を受けた本です】